大阪府地域貢献活動のご紹介

家族で楽しく学ぼう!「防災フェスタ2018 in OSAKA」を開催

来場者に配布した「大阪防災ガイド 2018」(表紙)

防災ガイドの中には災害に備えるためのチェックリストが記載されています

非常食「農協の飲めるごはん」の配布の様子。多くの人が興味津々

イベントコーナー(ファーム)の様子。スムージーが配られ、野菜(模型)すくい、野菜の折り紙教室などが行われました

大阪産野菜・果物を使用したスムージーを配布

ゆるキャラ15体による防災啓発活動および写真撮影会の様子

防災特別番組(FM OH!)の公開収録の様子。タレントのスザンヌさん、少年防災士の2人がゲストとして登場

JA北大阪が開発した備蓄食「農協の飲めるごはん」。5年間の長期保存が可能

「農協の飲めるごはん」を抱えるひとのわグマ

防災フェスタ2018 in OSAKAのロゴマーク

 JA共済連大阪は2018年9月2日(日)に、「家族で楽しく防災を学ぼう!」をテーマに、いつ発生するかわからない地震等への防災対策について学ぶ「防災フェスタ2018 in OSAKA」を開催。会場のアジア太平洋トレードセンター(大阪市)には約12,000人が来場しました。
 このイベントは、大阪府が防災の日にちなみ、毎年9月に実施している「大阪880万人訓練」に先駆け、大阪府・大阪市の特別協力のもと、JA共済連大阪が特別協賛。他の協賛企業とともに防災について地域の方々、家族で楽しく学び、啓発する活動として企画し、来場者には「大阪防災ガイド 2018」や非常食の「農協の飲めるごはん」を配布しました。

 「大阪防災ガイド 2018」は大阪府危機管理室協力の下、大阪府北部地震を経験して大阪府としての防災(主に大規模地震)への取組みや地震発生時の行動や避難方法、いざという時のために日ごろから確認しておくこと、災害情報の確認方法などを掲載した冊子です。
 「農協の飲めるごはん」は地元JA(JA北大阪)が開発した、お米・はとむぎ・小豆を主原料とする穀物飲料。水や加熱が不要なため、開封後すぐに食することができ、5年間の長期保存が可能な備蓄食です。これらを来場者へ配布することで災害に備えた意識の向上を呼びかけました。 
 会場のメインステージではFM OH!による防災特別番組(ゲスト:スザンヌさん、少年防災士)の公開収録や、JA共済のイメージキャラクターひとのわグマをはじめ、もずやん(大阪府)・くまモン(熊本県)等キャラクター15体による防災啓発活動および写真撮影会が行われ大盛況でした。
 そしてイベントコーナーでは会場をファーム(農場)に見立て、大阪産野菜・果物を使用したスムージーの配布、採れたて農産物直売所マップの配布、野菜(模型)すくい、野菜の折り紙教室を開催しました。
 来場された皆さまからは 「イベントでの経験を活かして、家族で今後起こる災害に備えたいと思います」との言葉をいただきました。「農協の飲めるごはん」にも興味を持たれ、職員の説明に熱心に耳を傾けられていました。災害が多発する現在、防災意識のさらなる向上と非常時に備える知識について、多くのご家族に楽しく学んでいただき、災害に備えるきっかけ作りができたと思います。

 JA共済連大阪ではこれからも地域に根差したさまざまな活動を実施し、地域の皆さまが安心して暮らすことができる社会づくりに取り組んでいきたいと思います。

2018年9月

JA共済連大阪ビルロビーで団体献血活動を実施

献血車

献血車

献血の様子

JA共済連大阪では、地域貢献活動の一環として毎年、夏・冬の年2回、大阪府赤十字血液センターに協力いただき、JA共済連大阪ビル1階のロビーなどを利用して団体献血活動を実施しています。これは平成16年12月から行っている活動で、平成29年夏は8月7日(月)午前9時30分から正午までJA共済連大阪ビル1階において実施し、ビル内に勤務するJA共済連や中央会職員、JA共済損害調査(株)社員ら31人が献血を行いました。職員の意識の向上とともに、参加人数は年々増加しています。
日本赤十字によると、大阪府内では1日に約820人分(400mL献血の場合)の血液が必要で、街頭での献血が実施されています。しかし天気の影響などもあり、街頭では必ずしも計画どおりの献血ができない場合もあります。そのため、大人数が参加できる団体献血活動は血液不足の解消に向けて大きな力となります。
また、これまで献血の機会がなかった方や、献血の方法がわからなかった方々も、当ビルでの献血活動なら自分の都合で気軽に参加することができます。献血を通じて、現在特に不足している血液型や、恒常的に血液が不足していることなどの知識が得られ、献血の大切さへの理解が深まり身近な活動に感じられてきています。
JA共済連大阪は、献血を身近な活動として理解してもらい一人でも多くの方々に献血していただき、一人でも多くの方に役立てるよう、今後も団体献血活動を継続して実施していきたいと思っています。

平成29年8月

「大阪マラソン “クリーンUP”作戦」に参加

清掃活動の様子

清掃活動の様子

清掃活動の様子

清掃活動の様子

清掃活動の様子

 JA共済連大阪は、地域貢献活動の一環として、平成20年11月から本部事務所周辺の清掃活動を2か月に1回実施しています。平成28年度はこの活動に加えて、第6回大阪マラソンとタイアップした「大阪マラソン“クリーンUP”作戦」にJAグループとして参加しました。「大阪マラソン“クリーンUP”作戦」は大阪市の主催で、10月30日(日)開催の第6回大阪マラソンの1週間前から、市内全域の道路や公園、駅前広場などの公共スペースを清掃する活動です。出場選手や大阪に訪問される方々を「きれいなまち」で迎えることが目的です。JA共済連大阪では、平成28年10月26日(水)午前8時30分から、事務所のある大阪市西区江戸堀3丁目の清掃にあたりました。
 当日参加した70名以上の職員は、「JA共済」のロゴが入ったお揃いのエコグランドコートを着用し、歩道や植え込みに落ちている空き缶、吸殻、落ち葉などのゴミを拾い集めました。「いつも通っている道がきれいになり、朝からすがすがしい気持ちになった」という声も聞かれました。JA共済連大阪は、これからも美しい地域づくりのために美化活動を実施していきたいと思います。

平成28年10月