徳島県地域貢献活動のご紹介

地域の子育てを応援!「母子手帳ケース」を寄贈

徳島市役所での贈呈式の様子。JA徳島市松田組合長(写真右)から遠藤市長へ目録を手渡しました

母子手帳ケースは使いやすいだけでなく、見た目も可愛いと好評

母子手帳ケースの中身。収納力も抜群です!

 JA共済連徳島は、子育て支援活動の一環として、JAを通じて県内の自治体に「母子手帳ケース」を寄贈しています。2017年度より取り組みを始めてまいりましたが、2019年度には県内すべての市町村に寄贈することが叶いました。

 今年度の寄贈数は計5,605個。母子手帳ケースの大きさはA5サイズで、母子健康手帳をはじめ診察券や印鑑などの赤ちゃんに関するものを入れて、妊娠期から幼児期まで長く活用できるように作成しました。母子手帳ケースは母子手帳交付時に配付され、母子手帳ケースに封入されているアンケートはがきに回答していただいた方には、県本部からアンケート回答賞品として「アンパンマンスタイ」を送付しています。各自治体からは「次年度以降も実施してほしい」との要望をいただいています。

 JA共済連徳島は、これからも地域に根ざした子育て支援を実施し、地域の皆さまが健康で安心して暮らせる豊かな環境づくりに取り組んでまいります。

2019年4月~

防災意識を高め、被害を抑えるために。「JA共済GW防災フェスタ」を開催

会場の様子。防災に関する様々な催しが行われました

JA共済連徳島は2018年5月6日(日)、アスティとくしま(徳島市)にて、県民の防災意識の啓発を目的とした「JA共済GW防災フェスタ」を開催しました。
このイベントは徳島県防災センターや徳島県警・消防局・自衛隊等の協力のもと、将来起こりうる南海トラフ巨大地震や異常気象によるさまざまな災害から県民の被害を最小限に抑えることを目的に実施されたものです。

当日は、「親子で楽しく体験しながら防災意識を高めよう」をキャッチフレーズに、災害時に活躍する車両・防災用品・耐震シェルターの展示や、非常食の試食コーナー、体験型防災アトラクション、気象予報士でタレントの石原良純さんによるトークショーなど、防災に関する様々な企画を開催。ご家族連れなど約7,000人もの方々が来場し、賑わいました。

JA共済連徳島は、これからも地域に根ざしたさまざまな活動を実施し、地域の皆さんが安心して暮らすことのできる社会づくりに向け、県下JAとともに取り組んでまいります。

2018年5月

「JA共済カップ徳島県U-12サッカー大会」を開催

大会の様子

試合の様子

表彰式の様子

集合写真

集合写真

JA共済連徳島では、次世代を担う子どもたちの健やかな成長を支援するために、徳島県全域の小学3年生から6年生を対象とした「JA共済カップ徳島県U-12サッカー大会」に協賛しております。
4回目となった今年の大会は、平成29年2月11日〜26日にかけて徳島市陸上競技場と鳴門・大塚スポーツパークで開催され、県下74チームが出場。大会期間中は天候にも恵まれ、選手たちを応援する多くの声援が飛び交う中、各会場で熱戦が繰り広げられました。決勝戦では、石井サッカースポーツ少年団と北島FCが激突。延長戦へともつれ込んだ末、石井サッカースポーツ少年団が優勝しました。
JA共済連徳島としては、この大会を開催することで次世代層との絆が強化できたことを実感しています。今後もこうした地域貢献活動を通じて、地域社会とのつながりや次世代層との交流を大切にしていきたいと思います。

平成29年2月