青森県地域貢献活動のご紹介

自然と触れ合う学びの場「JA共済きずなの青い森プロジェクト」を開催

「JA共済きずなの青い森プロジェクト」森林プログラムに参加した平内町立小湊小学校の児童たち

「JA共済きずなの青い森プロジェクト」木工プログラムの様子。真剣な表情で組子製作に取り組んでいる姿が印象的でした

 JA共済連青森は2019年7月22日(月)にJA共済きずなの青い森(平内町弁慶内地区)と平内町立山村開発センター(平内町)の2会場で、「JA共済きずなの青い森プロジェクト」を開催しました。本プロジェクトは「環境保全活動」をベースに、さまざまな体験を通じて森が地域や農業にもたらす恩恵や役割への理解と、参加者同士の絆を深めることを目的としています。本年度も昨年度同様、青森県生活協同組合連合会ならびに生活協同組合コープあおもりのご協力のもと、プロジェクトが実施されました。

 当日は、平内町立小湊小学校の4~6年生までの児童と保護者、先生を合わせた計47名が参加。子どもたちが自然の中で楽しみながら学べるように「森林」、「食育」、「木工クラフト」の3つのプログラムを行いました。「森林プログラム」では、山林間伐の見学や薪割り、「食育プログラム」では、野菜・果物の花からその名前を当てるゲームや県産食材(地元産の野菜・牛肉・豚肉・ホタテ)を使ったBBQを楽しみ、参加した子どもたちは大変喜んでいました。中でも、ヒバの木を使用した組子を体験できる「木工プログラム」は特に好評で、「来年も参加したい」という声が非常に多く上がりました。

 JA共済きずなの青い森は海に近い場所にあり、地元の漁業協同組合の組合員にも本プロジェクトにご協力・ご参加をいただいています。JA共済連青森は、このような環境を活かし、今後は森林だけでなく海(漁業)に関連したプログラムも検討してまいります。

2019年7月

地域の皆さまの健康を応援!「~みんな元気に笑顔で暮らそう~JA共済 ヘルスアップ講座」を開催

JA共済オリジナルのレインボー体操。参加者の皆さまは楽しみながら体を動かしていました

JA健康寿命100歳弁当〈7月3日(水)フォルトーナ(弘前市)〉

 JA共済連青森は 6月3日(水)に八戸プラザホテル(八戸市)、7月3日(水)にフォルトーナ(弘前市)にて、「~みんな元気に笑顔で暮らそう~JA共済 ヘルスアップ講座」を開催しました。この講座は、JAの組合員とその家族をはじめとした地域の皆さまを対象に、健康維持・管理に対する意識の向上を目指して開催されたもので笑いが健康に与える効果に着目した“笑いと健康に関するイベント”を盛り込み、皆さまの健康づくりを応援するプログラムとなっています。

 当日は、医師による講演・ヘルスチェックのほか、JA共済オリジナルのレインボー体操の紹介、人気落語家によるお笑いイベントを実施。両会場とも300名以上の方にご来場いただき、参加者には記念品として「できるだし さめ節MIX(混合魚粉タイプ)」※1をお渡ししました。イベント終了後に行ったアンケートでは、両会場ともに昼食で提供された「JA健康寿命100歳弁当」※2がおいしいと好評でした。昨年度に続いて参加されるリピーターも多く、今年度の参加者からも、「また参加したい」との声をいただきました。

 JA共済連青森は、これからも地域の皆さまが元気に笑顔で暮らすことのできる地域社会づくりに貢献してまいります。

※1 料理に深みと優しい余韻を残す「さめ節」に、かつお節とさば節をミックスしたもの
※2 「からだに優しい」をテーマに県産食材をふんだんに使用した、彩り豊かな健康志向の弁当

2019年6月・7月

介助犬の認知度向上を目指した説明会・デモンストレーションを実施

社会福祉法人日本介助犬協会 髙栁専務より、介助犬についての説明をいただきました

介助犬のデモンストレーション風景。介助犬について多くの方に興味を持っていただく良い機会となりました

 JA共済連青森は7月20日(土)、青森県身体障害者福祉センターねむのき会館(青森市)にて、身体障がい者支援団体等を対象とした介助犬の説明会・デモンストレーションを行いました。この活動は、介助犬の認知度向上を目的とした普及支援活動の一環として実施されています。

 当日は青森県内の身体障がい者相談員20人にお集まりいただき、社会福祉法人日本介助犬協会 髙栁友子専務理事による介助犬の説明会とデモンストレーションを実施。参加した相談員の方からは「地元地区でもデモンストレーションを実施していただきたい」との声をいただき、介助犬について多くの方に興味を持っていただける機会となりました。

 介助犬は、交通事故などにより手足に障がいのある方の日常生活をお手伝いする大切な役割を担っています。JA共済連青森はこれからも介助犬の普及支援活動を通じて、障がい者の方の自立と社会復帰をサポートしてまいります。

2019年7月