宮城県地域貢献活動のご紹介

スポーツで絆をつなげよう!「第13回 JA共済少年野球宮城県大会」を開催

鷹来の森運動公園(東松島市)で行われた開会式・入場行進の様子。選手たちの力強い行進で大会の幕が開けました

決勝戦の様子。白いユニフォームの「将監ビクトリー(仙台市)」が赤いユニフォームの「松島ジュニアクラブ(松島市)」を制し、優勝の栄冠に輝きました

選手たちの気迫あふれるプレーが繰り広げられた決勝戦。会場全体が熱気に包まれました

 JA共済連宮城は令和元年10月5日(土)に鷹来(たかぎ)の森運動公園(東松島市)、27日(日)にシェルコムせんだい(仙台市)で、「第13回 JA共済少年野球宮城県大会」を開催しました。本大会は、JA共済が掲げる「相互扶助」の理念のもとで野球を通じた地域少年の健全育成と交流を図り、「人と人の絆」を大切にする地域社会づくりに貢献することを目的に毎年開催しているもの。第13回となる今年の大会には、県下10JAから代表として選出された16チーム・320名が一堂に会し、優勝をかけて競い合いました。

 大会1日目は、直前までの雨模様を子どもたちの元気な声で吹き飛ばし、晴天の中で第1回戦と第2回戦を行いました。台風19号の影響で日程を延期して迎えた大会2日目は、会場を屋内球場に移して準決勝と決勝戦を開催。一年間の練習の成果を十二分にぶつけ合う、白熱した試合が繰り広げられました。
両日とも、保護者の方々やJA役職員からの熱い声援と、声援に応える選手の気迫あふれるプレーに会場が一体となった本大会。互いの絆を深め合う、とてもよい機会になったと感じています。

 JA共済連宮城は、地域の皆さまとのふれあいを大切に、JAと一体となって地域貢献活動に継続して取り組んでまいります。

令和元年10月

野球を通して絆を育む「第11回JA共済少年野球宮城県大会」を開催

大会初日。雨天の中でも全力でプレーする選手たち

「岩切少年野球クラブ(JA仙台)」(攻撃側)と「成田オーシャンイーグルス(JAあさひな)」(守備側)による決勝戦。岩切少年野球クラブが優勝の栄冠に輝きました

 JA共済連宮城は2017年10月7日(土)、15日(日)の両日、「第11回JA共済少年野球宮城県大会」を開催しました。この大会は、JA共済が掲げる「相互扶助」の理念のもと、野球を通じて地域少年の健全育成と交流を図ることで、「人と人の絆」を大切にする地域社会作りに貢献することを目的としています。
 大会は鷹来(たかぎ)の森運動公園(東松島市)とシェルコムせんだい(仙台市)で行われ、県下全JAの大会を勝ち抜いた代表16チームが一堂に会し、優勝を競い合います。

 初日はあいにくの雨模様でしたが、選手たちは雨にも負けず、元気あふれるプレーを繰り広げ、保護者の方々の応援にも熱が入っていました。15日(日)の準決勝・決勝は屋内競技場で行われ、白熱した試合に会場は初日同様大きな盛り上がりをみせました。大会に出場した選手たちは、日頃の練習や試合を通じて仲間との絆をさらに強固なものにできたと思います。

 JA共済連合宮城では、今後も地域の方々とのふれあいを大切に、JAと一体となって地域貢献活動を続けていきます。

2017年10月

スポーツを通じて深まる人と地域の絆「第12回JA共済少年野球宮城県大会」を開催

試合の様子。一生懸命プレーする選手たちの姿に、客席の応援にも力が入っていました

日頃の練習の成果を発揮し、競い合う選手たち。「成田オーシャンイーグルス(JAあさひな)」(攻撃側)が優勝の栄冠を勝ち取りました

 JA共済連宮城は2018106日(土)、13日(土)の両日、「第12JA共済少年野球宮城県大会」を開催しました。JA共済が掲げる「相互扶助」の理念のもと、野球を通じて地域少年の健全育成と交流を図ることで、「人と人の絆」を大切にする地域社会づくりに貢献することを目的としたこの大会は、県下全JAの大会を勝ち抜いた代表16チームが一堂に会し、優勝を競い合います。

 選手たちの「おはようございます」の元気な挨拶から始まった大会は、好天にも恵まれ、会場の鷹来(たかぎ)の森運動公園(東松島市)には、保護者の方々やJA役職員が集まりました。選手たちは熱い応援に後押しされながら、走・攻・守すべてに活気あふれる全力プレーを行い、日頃の練習の成果を披露してくれました。熱戦を繰り広げる選手たちの姿に、試合運営に携わったすべての関係者が感動し、地域との絆を深めていました。

 JA共済連合宮城では、今後も地域の方々とのふれあいを大切に、JAと一体となって地域貢献活動を続けていきます。

201810