山形県地域貢献活動のご紹介

将来の農業担い手育成を支援!県内の農業系学校へ実習用農業機械等を寄贈

山形県立左沢高等学校(大江町)に寄贈した「スピードスプレイヤー」と一緒に記念撮影

山形県立新庄神室産業高等学校(新庄市)へ寄贈した「コンバイン」

式典後は、寄贈先の生徒による運転実演が行われました

山形県立村山産業高等学校(村山市)で行われた寄贈式。「田植え機」「トラクター」「ハロー」「播種機」を寄贈しました

寄贈式の後には、レクチャーを受けながら生徒が操作を体験しました

 JA共済連山形およびJAグループ山形は地域貢献活動の一環として、令和元年10~12月に、県内の農業系学校4校へ実習用農業機械等を寄贈しました。この活動は、学生たちの実習環境の整備・向上および将来の農業後継者の育成支援を目的に、昨年度から実施しているものです。

 今年度は、山形県立新庄神室産業高等学校(新庄市)へ「コンバイン」1台、山形県立左沢高等学校(西村山郡)へ「スピードスプレイヤー」1台、山形県立村山産業高等学校(村山市)へ「田植え機」「トラクター」「播種機」各1台と「ハロー」一式、山形県立上山明新館高等学校(上山市)へ「6次産業化に資する電気オーブン」「ハウス用ボイラー」各1台と「温風機」2台を寄贈。寄贈先の各校からは、「最新鋭の農業機械を使用できる」「より安全で快適な環境のもと農業技術を習得できる」といった感謝の言葉をいただきました。
私たちはこの取り組みによって、農業の未来を担う学生たちの学習環境がさらに向上し、学生たちがより実践的な知識や技術を習得することで、将来、農業分野のスペシャリストとして活躍することを願っています。

 JA共済連山形は、今後もさまざまな取り組みを通じて、将来の農業担い手の育成支援をはじめとした地域・農業の活性化に貢献してまいります。

令和元年10~12月

「JA共済カップ第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会山形県代表決定戦」に特別協賛

全国大会への切符を賭け、熱い戦いが繰り広げられました

男子の部優勝の「山形県立山形中央高等学校(山形市)」

女子の部優勝の「米沢中央高等学校(米沢市)」

 JA共済連山形は「JA共済カップ第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会山形県代表決定戦」に特別協賛しました。本大会は「春の高校バレー」として行われる全日本バレーボール高校選手権大会の出場権をかけた大会です。

 第71回となる2018年度大会は1020日(土)~21日(日)に山形市総合スポーツセンター(山形市)で開催され、各地区の予選を勝ち上がってきた男子8校、女子8校が出場しました。試合会場では、観客からの熱い声援が飛び交う中、選手たちの気迫に満ち溢れた試合が繰り広げられました。熱戦に次ぐ熱戦の結果、男子は「山形県立山形中央高等学校(山形市)」が4年連続18度目、女子は「米沢中央高等学校(米沢市)」が3年連続9度目の優勝を飾り、全国大会出場を決めました。

 2020年東京オリンピック・パラリンピックでは、若い力に期待が高まっています。選手の皆さまが大きな夢をもち、世界の舞台で活躍する日が来ることを期待し、JA共済連山形では、今後もスポーツなどへの協賛を通じて若い世代の成長を見守っていきます。

201810

交通安全を願って「交通安全啓発用資材」を山形県警察本部に寄贈

寄贈式の様子

寄贈したチラシ

寄贈したペーパークラフト

 JA共済連山形は、横断歩行者保護の意識を広める交通事故防止活動の支援をするため、山形県警察本部に交通安全啓発用のポスター1万枚、チラシ10万枚、ペーパークラフト1万枚の計3点を寄贈することとし、平成30年1月10日に贈呈式を行いました。
 ポスターとチラシには、山形県警が掲げる「歩行者に日本一やさしい山形県」という標語を盛り込み、横断歩行者の事故の未然防止活動に活用できるように作成しました。またチラシは運転免許証の更新時に受講者へ配付し、ポスターは山形県内の事業所や道の駅に掲示される予定です。ペーパークラフトは、パトカーと白バイを組み立てられるもので児童が楽しく交通ルールや防犯を学ぶことができるようにとの思いから作成したもので、今後は子ども向けの交通安全教室で活用される予定です。
 JA共済連山形は、交通事故防止活動の支援を通じて、今後も安全で安心な地域社会づくりに貢献していきたいと思います。

平成30年1月