三重県地域貢献活動のご紹介

少年たちの健全な心身の発達を願い、「JA共済カップ 三重県少年サッカー大会(U-11)2019」を開催

第12回の開催となる本大会も、県内の少年サッカーチームが多数参加しました

少女の部でも熱いプレーが繰り広げられました

少年たちがコートを走り回り、精一杯プレーする姿が印象的でした

優勝した「大山田サッカースポーツ少年団」(桑員地区)

 JA共済連三重では次代を担う少年たちの健全な心身の発育を願い、「JA共済カップ 三重県少年サッカー大会(U-11)」を2008年から毎年開催しています。第12回となる今年の大会には115チーム(内 少女の部5チーム)が参加し、4月21日(日)に県内16会場で予選がスタート。5月12日(日)の予選2日目を経て、5月19日(日)に決勝大会が行われました。

 決勝大会当日はあいにくの曇り空でしたが、チームの仲間や家族の大きな声援を受けた選手たちが、時折降る雨を吹き飛ばすような精一杯のプレーを繰り広げました。「大山田サッカースポーツ少年団」(桑員地区)と「千里FC」(津地区)の対戦となった決勝試合は、1対0で大山田サッカースポーツ少年団が勝利し、2年ぶり5回目の優勝。また少女の部では、松阪BaBe(松阪地区)が初優勝を果たしました。試合後の表彰式では、賞状やトロフィー、メダルに加えてサッカー用品や三重県の特産品などの副賞が授与され、会場からは大きな拍手が送られました。

 JA共済連三重は、引き続きスポーツを通じて子どもたちの健やかな成長に貢献してまいります。

2019年4月・5月

子どもたちの健やかな成長を応援!JA共済カップ 三重県少年サッカー大会

予選の様子。全116チームが24ブロックに分かれ、13会場で熱戦を繰り広げました

予選2日目にはブロック別のリーグ戦が行われ、上位8チームが決定しました

JA共済カップ 三重県少年サッカー大会(U-11)2018の優勝チーム「旭が丘サッカー少年団」

Jリーグ名古屋グランパスのコーチを招き、サッカー教室を開催。熱心な指導が行われました

今年初開催の少女部大会では、「三重FCクイーンズ」が優勝

 JA共済連三重では、小学校5年生以下の児童を対象とした「JA共済カップ 三重県少年サッカー大会」を開催しています。この大会は、次世代を担う少年たちの想像力豊かで健全な心身の発育を目的に開催しているもので、平成30年度で第11回を迎えました。毎年三重県内の少年サッカーチームの多くが参加する大会となっています。

 今年度は116チームが参加し、4月29日(日)に県内13会場で予選がスタート。5月13日(日)の予選2日目を経て、5月20日(日)に、勝ち残った8チームによる決勝トーナメントが行われました。「旭が丘サッカー少年団」(鈴鹿地区)と「RECCOS鈴鹿」(鈴鹿地区)の対戦となった決勝戦では、両チームの選手による懸命なプレーが繰り広げられ、「旭が丘サッカー少年団」が初優勝。試合後の表彰式では、選手たちに賞状やトロフィー、メダルおよび副賞としてサッカー用品や三重県の特産品などが授与され、会場からは大きな拍手が送られました。

 JA共済連三重ではこのほかにも、子どもたちに向けたサッカーイベントを多数開催しています。5月19日(土)にゆめが丘多目的広場(伊賀市)で開催した、Jリーグ「名古屋グランパス」のコーチによるサッカー教室には、県下各地より約250名もの小学生が参加。5月20日(日)には少女部のサッカー大会が初開催され、「三重FCクイーンズ」(桑員地区)が優勝するなど、ますます盛り上がりを見せています。JA共済連三重はこれからも、スポーツを通じて子どもたちの健やかな成長に貢献していきたいと考えています。

2018年4月・5月

「三重県ママさんバレーボール大会」に協賛

開会式の様子

スポーツバッグ贈呈式

試合の様子

「レモン」(中勢・鈴鹿)のみなさん

「淳鹿クラブ」(中勢・鈴鹿)のみなさん

 JA共済連三重では、地域貢献活動の一環として毎年「三重県ママさんバレーボール大会」への協賛を行っています。
 平成29年度は6月から地区予選が行われ、各ブロックの代表32チームが10月21日(土)と10月28日(土)の2日間にわたって、津市安濃中央総合公園内体育館で行われた県大会に出場しました。
 県大会の開会式では、入場行進に続き、大会会長の挨拶、選手宣誓などが行われ、出場の全チームにJA共済連三重から「JA共済」ロゴ入りのスポーツバッグを贈呈しました。その後、出場チームによるトーナメント戦が行われ、<一般の部>では「レモン」(中勢・鈴鹿)と「関フレッシュ」(中勢・亀山)が、50歳以上の選手で構成される<いそじ・ことぶきの部>では「淳鹿クラブ」(中勢・鈴鹿)と「津友」(中勢・津)が決勝に進出。決勝では白熱した試合が展開され、<一般の部>では「レモン」(中勢・鈴鹿)が、<いそじ・ことぶきの部>では「淳鹿クラブ」(中勢・鈴鹿)が優勝に輝きました。
 JA共済連三重では、さまざまな世代の元気な女性が活躍する本大会への協賛を通じて、これからも地域住民とのつながりを強化していきたいと考えています。

平成29年10月