佐賀県地域貢献活動のご紹介

火災予防意識の啓発を目的にステッカー約34万枚を寄贈

JA共済連佐賀 大串成幸本部長による寄贈式開会の挨拶

火災予防ステッカー約34万枚を寄贈。ステッカーは県内の全世帯に配布されます

寄贈式の様子。左からJA共済連佐賀 大串成幸本部長、佐賀広域消防局 中島英則局長、佐賀市消防団 中島敬司団長 

 JA共済連佐賀は1月22日(火)、佐賀広域消防局(佐賀市)で火災予防ステッカーの寄贈式を行いました。この活動は毎年の「春季全国火災予防運動」期間に合わせて実施しており、今年で26回目。組合員と地域の皆さまの火災予防意識啓発、火災の未然防止を目的に、今年度は338,950枚を作成しました。ステッカーは各地区の消防団や自治体を通じて、県内の全世帯へ配布しています。

 寄贈式では、JA共済連佐賀県本部 大串成幸本部長が「この火災予防ステッカーを県内全世帯へ配布し、火災への注意を呼びかけ、火災予防の一助としていただきたい」と挨拶。佐賀県下の消防局・消防本部の代表として、佐賀広域消防局 中島英則局長にステッカーを寄贈しました。

 ステッカーに記載された2018年度全国統一防火標語「忘れてない? サイフにスマホに 火の確認」には、少しでも“火の確認”を自分ごと化し、身近に感じてもらいたいという思いが込められています。また、家を出る前の火元確認など、見落としがちな部分も改めて気をつけていただけるよう工夫されたイラストもデザインされています。寄贈式に先立ち、1月21日(月)には火災予防を願う祈願式を実施し、お祓いを行いました。

 JA共済連佐賀は、今後もステッカーが幅広い年代に使用していただけるようデザイン・サイズ等を工夫し、より良いものを県内全世帯へ配布していきます。そして、地域の皆さまに火の用心を呼びかけ、県内の火災が1件でも減ることを目指して活動を続けてまいります。

2019年1月

“婚活”で地域活性化を後押し!「JA共済トキメキ婚活パーティー」を開催

「JA共済トキメキ婚活パーティー」会場。当日は男性21名・女性17名の計38名が参加

イベントは最後まで大盛り上がり。今回は、4組のカップルが成立しました!

お笑い芸人 ねづっちを招いたゲストショー。参加者はとても満足された様子でした

 JA共済連佐賀は2018113日(土・祝)、シャトー文雅(佐賀市)にて、「JA共済トキメキ婚活パーティー」を開催しました。本企画は、組合員・地域住民との交流を促進し、地域活性化を図ることを目的に今回始めて開催されたものです。

 イベント当日は、男性21名・女性17名の計38名が参加。11時から15時まで、4時間のスケジュールの中で、自己紹介・昼食タイム・フリータイム等を執り行いました。集合場所(佐賀駅)から会場までのバス移動中には、同乗した司会者から参加者へコミュニケーション方法をアドバイス。その効果もあり、開始直後から参加者同士が自分をアピールしたりコミュニケーションを取るなど、積極的に参加される姿が見られました。イベントは最後までとても盛り上がり、最終的に4組のカップルが成立! 参加者はとても満足された様子で、大盛況のうちに閉会となりました。

 JA共済連佐賀は組合員・地域住民の皆さんとの交流を深めるべく、今回のイベント内容をベースに、これからもより良い企画を展開していきます。

201811

春の全国火災予防運動で地域の安全を!「火災予防ステッカー」337,850枚を寄贈

寄贈式の様子。右から佐賀市消防団 団長 中島敬司氏、佐賀広域消防局長 中島英則氏、JA共済連佐賀県本部 大串本部長

「火災予防ステッカー」337,850枚を寄贈。ステッカーは各地区の消防団や自治体を通じて佐賀県内全世帯に配布されます

JA共済連佐賀は本活動を通じて、県内の火災を1件でも減らせることを願っています

 JA共済連佐賀は2018118日(木)、佐賀広域消防局 佐賀消防署(佐賀市)にて、火災予防意識の啓発を目的とした「火災予防ステッカー」の寄贈式を行いました。1994年から毎年「春の全国火災予防運動」の時期に合わせて地域貢献活動を実施しており、活動は今年で25回目。本活動は、地域の皆さまに「火の用心」を呼びかけ、火災予防の意識啓発・未然防止、県内の火災を1件でも減らせることを目的としています。火災予防ステッカーは、佐賀県内全世帯に配布できるよう337,850枚を作成。各地区の消防団や自治体を通じて、各世帯へ配布されます。

 寄贈式では、JA共済連佐賀県本部 大串本部長が「この火災予防ステッカーを県内全世帯へ配布し、火災への注意を呼びかけ、火災予防の一助としていただきたい」と挨拶。佐賀県下の消防局・消防本部の代表として、佐賀広域消防局長 中島英則氏へステッカーを寄贈しました。また寄贈式に先立ち、117日(水)には、火災予防の願いを込めて祈願式を実施し、お祓いも行いました。

 ステッカーに記載されている火災予防標語「火の用心 ことばを形に 習慣に」には、火災を防ぐ3つの習慣付けを行いましょうという意味が込められており、それぞれの注意喚起が描かれたイラストも掲載しています。若年層の世帯が年々増加傾向にある中で、ステッカーが幅広い年代に使用される内容にしなければ、「火の用心を呼びかける」という本活動の趣旨から遠のいてしまいます。JA共済連佐賀は、これからも地域の皆さまにより効果的に火災予防の意識啓発・未然防止を呼びかけられるよう、デザインや広報活動等について一つ一つ慎重に検討しながら活動に取り組んでまいります。

20181