JA共済連群馬はJA利根沼田、沼田警察署と協力し、平成29年4月20日に利根郡川場村の村立川場幼稚園で交通安全教室を開催しました。川場村は群馬県北部の自然豊かな村で、夏や秋の行楽シーズンや冬のスキーシーズンには、県内外から多くの観光客が訪れます。この教室は、特に交通量が増えるゴールデンウィーク前の4月に開催し、地域の人たちに交通安全を呼び掛けています。
 教室では、県警教育隊が園児たちに交通ルールをわかりやすく説明し、命の大切さを伝えるとともに、保護者の方々に対して近隣地域の交通事故状況や防犯対策などの講話が行われました。
 室内での教室の後は外に出て園庭に描かれた道路や横断歩道を使い、実際に道路を歩いたり、横断歩道を渡るなどしながら、安全確認の方法を学びました。
 「川場幼稚園交通安全教室」は38年間に渡って続けていることもあり、3世代にわたって参加している家庭も多く、交通安全に対する意識が家庭内に浸透しています。そのため、近隣の市町村に比べても交通事故の発生率が低い傾向にあるといわれています。JA共済連群馬は、これからもこの交通安全教室を実施し、地域ぐるみ・家族ぐるみで取り組む事故のない安全な地域社会づくりに貢献していきます。

平成29年4月