三重県地域貢献活動のご紹介

「2017年度 JA共済カップ三重県少年サッカー大会(U−11)」を開催

大会の様子

熱戦を繰り広げる選手たち

熱戦を繰り広げる選手たち

熱戦を繰り広げる選手たち

サッカークリニックの様子

 JA共済連三重では、小学校5年生以下の児童を対象とした「JA共済カップ 三重県少年サッカー大会」を毎年開催しています。次世代を担う少年たちの、想像力豊かで健全な心身の発育を目的にしているもので、平成29年度で第10回目を迎えることができ、今では三重県内の少年サッカーチームの多くが参加する大会となっています。
 今年度は132チームが参加し、4月30日(日)に県内14会場で予選が始まりました。予選は5月14日(日)に2日目、6月3日(土)に3日目が開催され、勝ち残った8チームによる決勝トーナメントが6月4日(日)に行われました。決勝戦は「大山田SSS」と「津田FC」の対戦となり、両チーム選手が懸命なプレーを繰り広げた結果、「大山田SSS」が4度目の優勝に輝きました。試合後の表彰式では、選手たちに賞状、トロフィー、メダルおよび副賞としてサッカー用品、三重県の特産品などが授与され、会場からは大きな拍手が送られました。
 今年度は第10回の記念大会でもあり、予選3日目の終了後にサッカー元日本代表の北澤豪氏によるサッカークリニックも開催されるなど、例年以上に賑やかな大会となりました。JA共済連三重は、今後も引き続きスポーツを通じて子どもたちの健やかな成長に貢献していきたいと考えています。

平成29年4月~平成29年6月

「三重県ママさんバレーボール大会」に協賛

熱戦を繰り広げる選手たち

熱戦を繰り広げる選手たち

熱戦を繰り広げる選手たち

熱戦を繰り広げる選手たち

熱戦を繰り広げる選手たち

熱戦を繰り広げる選手たち

熱戦を繰り広げる選手たち

 JA共済連三重では、地域貢献活動の一環として毎年「三重県ママさんバレーボール大会」への協賛を行っています。
 平成28年度は6月中旬から地区予選が行われ、各ブロックの代表32チームが10月29日(土)と11月5日(土)の2日間にわたって、津市安濃中央総合公園内体育館で行われた決勝大会に出場しました。
 決勝大会の開会式では、入場行進に続き、大会会長の挨拶、選手宣誓などが行われ、決勝参加の全チームにJA共済連三重から「JA共済」のロゴ入りのバレーボールを贈呈しました。その後、3回戦、準決勝、決勝戦が行われ、「一般の部」では「千里ヶ丘」(津市)と「自由ヶ丘」(鈴鹿市)が、50歳以上の選手で構成される「いそじ・ことぶきの部」では「プラム」(伊賀市)と「きらら」(桑員・四日市市・三重郡)が決勝に進出しました。いずれも白熱した試合の結果、一般の部では「千里ヶ丘」が4年ぶり5度目の優勝、「いそじ・ことぶきの部」では「プラム」が8年ぶり4回目の優勝に輝きました。
 JA共済連三重では、さまざまな世代の元気な女性たちが活躍する本大会への協賛を通じて、これからも地域住民の皆さんとのつながりを強化していきたいと思います。

平成28年6月〜11月

「JA共済カップ 三重県少年サッカー大会」を開催

熱戦を繰り広げる選手たち

熱戦を繰り広げる選手たち

熱戦を繰り広げる選手たち

熱戦を繰り広げる選手たち

熱戦を繰り広げる選手たち

熱戦を繰り広げる選手たち

熱戦を繰り広げる選手たち

熱戦を繰り広げる選手たち

 JA共済連三重では、小学校5年生以下の児童を対象とした「JA共済カップ 三重県少年サッカー大会」を開催しています。この大会は次世代を担う少年たちの想像力豊かで健全な心身の発育を目的に開催しているもので、平成28年度で第9回目を迎えました。三重県内の少年サッカーチームの8割以上が参加する大きな大会に成長しています。
 平成28年度は125チームが参加し、4月17日(日)に県内24ブロック、13会場で予選がスタート。5月29日(日)に2次予選を勝ち上がった8チームによる決勝トーナメントが行われました。決勝戦では両チームとも一歩も引かない白熱した試合が繰り広げられ、その結果「大山田SSS」が3度目の優勝に輝きました。試合後、優勝チームの選手たちに大きなクリスタルカップと金メダル、副賞としてサッカー用品や三重県産のお米の新種「結びの神」などが授与され、会場からは大きな拍手が送られました。
 今回は伊勢志摩サミット開催の影響により、会場を伊勢フットボールヴィレッジAピッチ(人工芝グランド)から、松阪市総合運動公園多目的グラウンドに移しての開催となりましたが、例年以上のたくさんの応援でとても賑やかな大会となりました。JA共済連三重は、スポーツを通じて子どもたちの健やかな成長に貢献していきたいと思います。

平成28年4月・5月