福島県地域貢献活動のご紹介

「ママフェス~ふくしまマタニティ&子育てママとパパ応援フェスタ」を開催

ママフェスの様子(いわき会場) イクメン:タケトさん

ママフェスの様子(いわき会場)

ママフェスの様子(会津会場) イクメン:山根良顕さん(アンガールズ)

ママフェスの様子(会津会場)

ママフェスの様子(郡山会場) イクメン:はなわさん

ママフェスの様子(郡山会場)

ママフェスの様子(白河会場) イクメン:庄司智春さん

ママフェスの様子(白河会場)

ママフェスの様子(福島会場) イクメン:堤下敦さん(インパルス)

ママフェスの様子(福島会場)

 JA共済連福島では「子育て応援!」に取り組んでいます。平成28年度は育児を頑張っているママとパパに楽しいひと時を過ごしていただく「ママフェス~ふくしまマタニティ&子育てママとパパ応援フェスタ」を企画し、11月と12月の5日間、県内5会場(いわき・郡山・白河・会津若松・福島)で開催しました。
 ママフェスのメインプログラムは「イクメントークショー」で、福島テレビのアナウンサーがタレントのはなわさんや庄司智春さんをはじめ、各会場それぞれのイクメンゲストにトークを行いました。育児の苦労、楽しさ、子どもとの接し方、奥さまへの気遣いなどがユーモアを交えて語られ、来場された皆さまも笑顔で聞き入っていました。そのほか、妊娠中のママとお腹の赤ちゃんにやさしいギターとフルートのミニコンサートや紅茶屋さんのケータリングなども実施し、参加者の皆さんには日常を忘れて楽しんでいただけたと思います。各会場には託児コーナーやおむつ交換・授乳スペース、育児相談コーナーを用意し、利用していただきました。
 ご来場いただいた方々へのアンケートでは、「とても良かった」「来年も開催してほしい」「パパフェスもやってほしい」という、嬉しい感想をたくさんいただくことができました。
 これから生まれてくる赤ちゃん、小さなお子さまは福島の希望です。「ママフェス」は今回初めての開催でしたが、JA共済連福島では、こうした活動を通じて今後も子育てを応援していきたいと思います。

平成28年11月・12月

「JA共済スペシャル 福島ユナイテッドFCドリームサッカー教室」を開催

サッカー教室の様子(伊達市)

サッカー教室の様子(喜多方市)

サッカー教室の様子(喜多方市)

サッカー教室の様子(相馬市)

サッカー教室の様子(下郷町)

サッカー教室の様子(下郷町)

 JA共済連福島では、福島ユナイテッドFCのコーチが少年サッカーチームのホームグラウンドで指導を行う「JA共済スペシャル 福島ユナイテッドFCドリームサッカー教室」を実施しています。4年目となった平成28年度は、7月と8月の2か月間に4回開催しました。
 教室に参加した子どもたちは、プロのコーチを目の前にして最初は一様に緊張しています。しかし、練習に集中していくにつれて表情が変わり、楽しそうな笑顔が見られるようになり、元気な声も出るようになります。
 教室では、少年チーム対大人チームの紅白戦も行われました。コーチや保護者で構成された大人チームは人数制限なしでプレーしますが、子どもたちには全然かなわず、徐々に大人チームの人数が減っていきます。子ども達ほど動けず、自主的にコート外に避難するからです。逆に教室で教わったことを活かして試合を優勢に進める子どもたちのテンションは最高潮。いいプレーが出るたび、ゴールが決まるたびに笑顔があふれます。最後は、みんなで記念撮影。参加チームには、福島ユナイテッドFCの試合観戦チケットやフラッグ、JA共済オリジナルノートやビブスをプレゼントしました。
 今年度参加した4チームはいずれも県境付近をホームグラウンドとしており、どの教室でも監督や保護者の方から「こんなに遠くまで来てもらえるとは思いませんでした。申し込んでよかったです」という感謝の言葉をいただきました。また、指導にあたった福島ユナイテッドFCのコーチの皆さんからは「県内各地の少年サッカーチームのレベルを知ることができるし、指導者の方々が指導の仕方の何に悩んでいるかということも実感できて参考になった」という声が寄せられました。
 JA共済連福島では、子どもたちの成長をサポートするために、これからもこのサッカー教室を続けていきたいと思います。来年の夏はどんな少年サッカーチームと出会うことができるか楽しみです。近づいたら、「10アクション+」ホームページにて募集を行いますので御確認ください。

平成28年7月・8月