熊本県郷土料理レシピ

熊本いきなり団子

あんことさつまいもの素朴な味が、塩けのきいた生地に包まれた甘しょっぱい団子

材料(2人前)

  • さつまいも1本
  • 市販のこしあん200g
  • A
  • 薄力粉200g
  • 小さじ1/2
  • 1/2カップ

作り方

  • さつまいもは皮を厚めにむき、厚さ1cmに切る。
  • 生地を作る。ボールにAを入れ、生地がまとまって耳たぶくらいの堅さになるまで混ぜ合わせる。堅ければ水(分量外)を小さじ1ずつ加えながら再び混ぜ合わせる。10等分して丸め、直径12cmほどの円形にのばす。
  • こしあんを10等分して丸め、生地1枚にこしあん1/10量、さつまいも1切れをのせる。生地をのばしながら包み、生地をつまんで閉じる。残りも同様に作る。
  • 蒸気の上がった蒸し器に数カ所穴をあけたオーブン用シートを敷き、2の閉じ目を下にして並べ入れる。竹串を刺してすっと通るくらいになるまで25分ほど蒸す。

料理説明

熊本の古い方言で簡単・手軽を意味する「いきなり」、「いきなり」客が来てもすぐに作れるなど、名前の由来は諸説ありますが、「すぐに作れる」ことが特徴の郷土菓子。昔はさつまいもを生地で包んで蒸しただけの簡単なものでしたが、最近はあんこを加えたものが主流で、もちもちした食感の生地とほくほくのさつまいも、あんこの甘さが絶妙なおいしさです。