奈良県地域貢献活動のご紹介

今年もJA共済「交通安全傘」を県交通安全協会に寄贈

寄贈式の様子

寄贈式の様子

寄贈式の様子

 JA共済連奈良では、平成29年4月6日(木)に「交通安全傘」の寄贈式を開催しました。
 この活動は児童を交通事故から守り、安心して暮らせる地域社会づくりへの貢献を目的としているもので、平成26年度より毎年実施しています。今年は県内国公私立の小学1年生を対象に12,800本を一般社団法人奈良県交通安全協会へ寄贈しました。同協会を通じて県内の小学校に配付され、新1年生にプレゼントされます。
 この「交通安全傘」はJA共済のオリジナルで、傘のフチの全周両面にライン状の反射材が取り付けられています。自動車がどの方向から来てもヘッドライトに反射するため夜間・雨天時の視認性が高く、傘の一部分が透明になっているため児童の視野も確保されて安全・安心です。
 これまで寄贈した「交通安全傘」は累計で53,300本になり、今では小学校からも到着時期や来年度の実施について問い合わせをいただくほど定着しています。また、実際に使用している小学生を目にしたときなどは、地域で活用されていることを大変嬉しく思います。
 JA共済連奈良では、児童を交通事故から守る交通安全活動をはじめとする地域貢献活動への積極的な取組みを通じて、今後も豊かで安心して暮らすことのできる社会づくりに貢献していきたいと思います。

平成29年4月

「JA共済杯 第13回やまのべ学童親善野球大会」に協賛

開会式の様子

大会の様子

熱戦を繰り広げる選手たち

大会の様子

 JA共済連奈良は平成27年から「JA共済杯 やまのべ学童親善野球大会」を開催しています。平成28年度は11月27日(日)から、天理市の長柄総合運動公園をはじめ県内3会場で開催されました。
 今回は、前年度よりさらに22チーム多い合計55チームが出場。選手、チーム関係者を含め、2,000名以上の方々に参加していただきました。決勝戦は、最後まで勝負が分からない白熱した試合展開となりましたが、大安寺アパッチライオンズが3-2のサヨナラゲームで、見事優勝に輝きました。 
 JA共済連奈良は、今後も当大会への協賛を通じて、次世代を担う学童の健全な心身の育成と、地域の皆さまとのつながりづくりに取り組んでいきます。

平成28年11月〜平成29年2月