福岡県地域貢献活動のご紹介

子どもたちの健やかな成長を応援!「第54回 JA共済 小・中学生作文コンクール」を開催

第54回 福岡県 小・中学生 作文集

 JA共済連福岡は2019216日(土)、「第54 JA共済 小・中学生 作文コンクール」表彰式を開催しました。本コンクールは、地域貢献活動の一環として、県内の小・中学生を対象に開催したもの。54回目を迎えた2018度は県内367校から応募があり、そのうち学校から推薦された5,375点の作品が、小学1年生から中学3年生まで学年ごとに審査されました。作文は自由題で、家族や学校生活といった身近な出来事から社会で起きたことまでテーマは幅広く、今回も読み手を引き込む多くの素晴らしい作品に出会うことができました。

 福岡ガーデンパレス(福岡市中央区)で行われた表彰式には、最優秀賞(個人賞・学校賞)受賞者など約200名が参加。ステージ上で表彰状を受け取る児童・生徒たちの、緊張しつつもにこやかな表情が印象的でした。当日会場にお越しいただいた保護者や教職員の皆さんからは、本作文コンクールの取組みに対して、大変ご好評をいただきました。また、受賞結果は表彰式当日の西日本新聞と日本農業新聞に掲載。3月下旬にはJA共済連福岡のホームページにも掲載される予定です。

 JA共済連福岡は本作文コンクールを通じて、子どもたちがモノの見方を深め、考える力を伸ばすことに役立つことを願っています。そしてこれからも、次代を担う小・中学生の皆さんの健やかな成長につながることを願い、この活動を続けていきたいと考えています。

 

注)最優秀受賞作品(6×9学年)の掲載は、JA共済連福岡のホームページもしくは作文集のみです。作文集は応募校と最優秀賞受賞者と各市町村の教育事務所・教育委員会のみに配布し、一般には配布していません。

20192

「第53回 JA共済 小・中学生作文コンクール」を開催

小・中学生作文集

 JA共済連福岡では、地域貢献活動の一環として、県内の小・中学生を対象に作文コンクールを開催しています。53回目を迎えた平成29年度は県内382校から応募があり、そのうち学校から推薦された5,555点の作品が審査されました。
 作文は自由題で、小学1年生から中学3年生まで学年ごとに審査され、受賞作品が選ばれます。家族のこと、学校生活のこと、社会に関すること、災害に関することなど内容はさまざまです。自分の考え方や情景などが生き生きと表現された、読み手を引き込む作品ばかりでした。今年度も多くの素晴らしい作品に出会うことができました。
 平成30年2月17日(土)に、福岡市中央区の福岡ガーデンパレスで行われた表彰式には、最優秀賞(個人賞・学校賞)受賞者など約200名が参加しました。ステージ上で表彰状を受け取る児童・生徒たちの、緊張しつつも晴れやかな姿がとても印象的でした。当日会場に来られた保護者や教職員の皆さんからは、この作文コンクールの取組みに対して、大変高い評価をいただきました。
 受賞結果は、平成30年2月17日(土)付の西日本新聞と日本農業新聞に掲載されました。また、3月下旬にはJA共済連福岡のホームページにも掲載されます。
 今後もこの作文コンクールを通じて、書くことによって自分の考えを表現し、また読むことによって友人や家族の考えを知ることにつながればいいと思います。そして、JA共済連福岡はこれからも次代を担う小・中学生の皆さんの健やかな成長につながることを願ってこの活動を続けていきたいと考えています。

注)最優秀受賞作品(6賞×9学年)の掲載は、JA共済連福岡のホームページもしくは作文集のみです。作文集は応募校と最優秀賞受賞者と各市町村の教育事務所・教育委員会のみに配布して、一般には配布していません

平成30年2月

地域の安全を願って防犯カメラ300台を寄贈

調印式の様子

寄贈式の様子

寄贈式の様子

 JA共済連福岡では、平成28年7月に福岡県警と「犯罪の起きにくい社会づくり」に関する協定書の調印式を行いました。調印式を受けて、平成28年度から3年間県内各地の自治体等に防犯カメラの寄贈をいたします。寄贈は3年間で300台を予定、設置場所の選定と設置作業は福岡県警と協力しながら進めることとしております。1月26日には、福岡市南区の商業地域である大橋駅(西鉄天神大牟田線)近くの公園に第1号となる防犯カメラが設置され、地元自治会関係者など約50名が出席して寄贈式が行われました。その後、大牟田市など県内各地で設置を進めているところです。
 設置にあたっては地元警察署からの要望を踏まえ、性犯罪や窃盗などが多発する地区から順に設置しています。その結果、検挙率の向上に役立つと同時に、犯罪の抑止効果にも重要な役割を担っています。
 JA共済連福岡は、地域住民の皆さんが安心して暮らせる社会づくりに貢献するために、これからも積極的に防犯活動に取り組んでいきます。

平成28年7月