JA共済の地域貢献活動 ちいきのきずな

交通安全

交通事故のない社会をめざして交通事故の未然防止や交通事故被害者支援など、さまざまな活動に取り組んでいます。

  • 幼児向け
  • 生徒向け
  • シルバー世代向け
  • 全世代向け
  • 介助犬の育成・普及支援活動
  • リハビリテーション
  • その他の活動
  • 自賠責共済運用益拠出事業
  • 交通事故対策事業

平成30年度自賠責共済運用益拠出事業 自賠責共済の運用益を活用して交通安全の取り組みを実施しています。

令和元年度自賠責共済運用益拠出事業(総額13億32万円)の内訳

自動車事故防止対策

629,700千円

救急医療体制の整備

415,500千円

自動車事故被害者対策

191,925千円

後遺障害認定対策

9,000千円

医療費支払適正化対策

54,200千円

自賠責運用益拠出事業は、学識経験者や有識者委員等で構成される「自賠責共済運用益等使途選定委員会」において審議され、「自動車損害賠償責任保険審議会(金融庁)」でも報告しています。

  • 「自賠責運用益使途選定委員会議事概要」(PDFファイル)
  • 「自賠責運用益使途選定委員会名簿」(PDFファイル)