詐欺被害を未然に防ぐためには、詐欺グループが嫌う環境づくりも大切。事前に家族全員で対策をして、詐欺に対する意識を今一度見直す機会としましょう。

ナンバーディスプレイ機能の活用

ナンバーディスプレイ対応の電話機を設置すると、相手の電話番号が電話に出る前にわかるので、知らない電話番号に警戒できます。

留守録設定をし、
極力電話に出ない
ようにする

自宅の電話は、家にいるときでも留守番電話に設定を。犯人は自分の声が証拠として残ることを嫌い、何も話さずに切ってしまいます。

自動録音機を設置

通話録音装置を現在使用している電話機に取り付けて、自動で相手に警告、通話を録音します。無償貸し出しを行う自治体もあるので確認を。

合言葉を決めておく

不審な電話がきた際に本人確認ができるよう、ペットの名前、記念日など、家族にしかわからない合言葉を決めておきましょう。
監修:瀬尾さちこ(セーフティライフアドバイザー)