交通安全!百科事典

小学生(歩行編)

歩行中の危険「飛び出し」

チャイルドシートの着用義務は6 歳未満ですが、車のシートベルトは身長140cm以上の体型を対象に作られているので、身長が140cmになるまでは使用しましょう。また、チャイルドシートは年齢や体型によって大きく3タイプあります。

乳児用シート(ベビーシート)

まだ首がすわっていない乳幼児のための、寝かせる姿勢で乗せるタイプです。シートタイプとベッドタイプがあります。

幼児用シート(チャイルドシート)

首がすわり、一人座りできることが使い始めの目安です。乳児用、または学童用との兼用タイプもあります。

学童用シート(ジュニアシート)

おしりの位置を高くすることで、大人用のシートベルトが正しい位置にかけられるようにするためのものです。

ジュニアシートはなぜ必要?

お子さまがジュニアシートを使用しないで車に乗っていると、シートベルトを正しく着用できていない状態になり、急ブレーキを踏んだり、万一衝突事故を起こしたときに大きな危険があります。

例えば、こんな危険が!

低学年のお子さまがジュニアシートを使用せずに走行しています。
急ブレーキを踏んだときにどのような危険が考えられますか?

  • 回答例

シートベルトが首や腹部を圧迫して大きな負担がかかります。
ジュニアシートを使用してシートベルトを正しく着用し、このような事故を防ぎましょう。

  • 正解