JA共済連北海道では飲酒運転根絶に向けた活動に力を入れて取り組んでおり、2018年4月に飲酒運転根絶を呼びかけるミニのぼり18,000本を寄贈しました。寄贈したミニのぼりは北海道交通安全推進委員会から、道内各地の市町村や飲食店へ配布されています。
北海道の交通事故死亡者数は全国ワースト上位に入っており、飲酒運転による死亡事故件数も全国ワースト上位に入っています。警察団体等の取り組みにより、交通事故死亡者数は年々減少していますが、飲酒運転による死亡事故件数は横ばいとなっています。
そのような状況を打破しようと、JA共済連北海道では飲酒運転根絶に向けた活動に取り組み、飲酒運転による死亡事故を1件でも多く減らそうと、飲酒運転根絶ミニのぼりの寄贈にいたりました。

ミニのぼりには「JA共済」と印字されており、多くの方にミニのぼりを周知いただくことを通して、私たちが飲酒運転根絶に向けた活動に一役買っていることを実感しています。

JA共済連北海道では組合員・地域住民の皆さまが安心して暮らせるために、今後も地域貢献活動を通じて交通事故死亡者を1人でも多く減らしていけるように尽力していきます。

2018年4月