JA共済連群馬では、平成22年度より県内で開催されているバスケットボール大会、「群馬県小学生総合体育大会」と「群馬県ミニバスケットボール交歓大会」に特別協賛しています。群馬県ミニバスケットボール連盟主管のもと「JA共済カップ」として開催し、平成28年度で7回目を迎えました。今回の大会には県内から164チーム、約2,400人の子どもたちが出場しました。予選は全4日間の日程で県内2か所で開催され、11月23日(水/祝日)に高崎市浜川体育館で準決勝・決勝戦が開催されました。出場した選手は、ベンチや観客席からの大声援を受け、スピード感あふれるダイナミックな試合を展開しました。
 また、平成28年度は新たに「日本選抜車椅子バスケットボール選手権大会」にも協賛しました。この大会は全国から男子の強豪16チームが参加してました。平成28年9月24日(土)と25日(日)の2日間に渡り開催されました。試合中、車椅子がぶつかり合い倒れ込むのも恐れず、巧みなパスやドリブルで果敢にゴールポストを目指す選手たちの気迫あふれるプレイは、まさに迫力満点。当日は「女子東日本リーグ」も同時開催され、こちらの試合も男子の熱気に劣らず大いに盛り上がりました。
 JA共済連群馬の職員は、フロア整備や豚汁無料配布ブースなどに参加して大会をサポート。学生や市民ボランティアをはじめとする皆さんと楽しく触れ合うことができました。今後も、こうした活動を通じて、多くの方々と交流できる機会を増やしていきたいと思います。

平成28年9月・11月