JA共済連岐阜は、201941日(月)以降に、岐阜県で母子手帳を受け取るすべての妊婦さんに母子手帳ケースを配布します。母子手帳ケースの中にはJAJA共済が実施している地域貢献活動の概要を記載したカードを封入し、広くJAJA共済のことを知っていただく取組みとなります。

 また、この活動に合わせて、妊婦さんやこれから子育てを始められる方を継続的に支えられるよう、子育て支援SNSJA共済こそだてひろば(岐阜県)」を立ち上げました。ケースに封入するカードに、お友だち登録用QRコードを掲載し、登録いただいた方には、LINEちょっとした困りごと、例えば「妊娠中の安全・快適なお出かけ方法は?」や「赤ちゃんが泣き止まないときは?」等の悩みに関するお役立ち情報を定期的に発信していきます。
 さらに、県下で実施している「
JA共済アンパンマンこどもくらぶ」の案内も発信し、会員になられた方にはオリジナルの子育て情報冊子等をお届けします。

 岐阜県では年間15,000人余りの赤ちゃんが生まれています。JA共済連岐阜は地域貢献活動を通じて、地域になくてはならないJAJA共済になれるよう努め、子育てを応援していきたいと考えています。

20194月~