平成16年度から毎年、交通事故により親を亡くした子どもたちを支援するための募金活動を行っています。募金活動で集まった寄付金は、岐阜県が行う「岐阜県交通遺児激励金支給事業」の原資として活用されて、毎年5月下旬頃に県内の交通遺児に激励金が支給されています。
 平成28年度は10月から11月にかけて県内8会場で開かれた農業祭で、職員が「JA共済交通安全チャリティー募金活動」を行い、あわせて交通安全を呼びかけました。参加職員数は12日間で延べ106名。各会場で多くの方々にご協力いただき、とても充実した活動となりました。この活動のほか、10月1日から11月30日まで、岐阜県下JAグループと協力団体の窓口に募金箱を設置して募金活動に取り組んだ結果、平成28年度は1,241,433円の募金が集まりました。今回を含めると、これまでに寄付した金額は総額で13,919,863円となります。
 今後もこの活動を通じて、交通事故の被害者支援や交通遺児支援、交通事故未然防止活動に貢献していきたいと思います。

平成28年10月・11月