JA共済連福島は、令和元年6月8日(土)、9日(日)にJヴィレッジ(双葉郡)で行われた「FCT・JA共済カップ 第38回福島県少年サッカー選手権大会」に特別協賛し、優勝チームをはじめ入賞チームへ賞状と賞杯を授与しました。(主催:福島県サッカー協会・福島中央テレビ)。本大会への特別協賛は、今年で13回目。組合員だけでなく、若年層を中心とした地域の皆さまのJA共済に対する認知度を向上するとともに、次代を担う子どもたちの活躍を応援することを目的としています。今年の大会には、県内各地区から135チームが参加。各地区の予選を勝ち抜いた16チームが決勝大会へ進出しました。

 2日間にわたって行われた決勝大会では、初日はあいにくの雨模様だったものの、決勝トーナメント進出をかけた熱い戦いが繰り広げられました。2日目に行われた決勝戦では、「エストレージャスFC(郡山市)」と、前年の準優勝チーム「勿来・フォーウィンズ(いわき市)」が対戦。後半まで0対0の緊迫した展開が続きましたが、終了間際に「勿来・フォーウィンズ」の選手が劇的なゴールを決め、2年ぶり2度目の優勝を果たしました。

 県内のほとんどのサッカーチームが参加し、毎年4月から地区予選がスタートする本大会は、6月の決勝大会の模様がテレビで放映されるなど、県内では大きな大会の一つとして認知されています。今年度の大会も多くの方に参加いただき、地域の皆さまとの絆、仲間や親子の絆を深めるよい機会となりました。

 JA共済連福島は、スポーツ大会の開催・協賛を通して、これからも地域住民とのつながりをさらに深め、未来ある子どもたちの健全な育成を支援してまいります。

令和元年6月