JA共済連福岡では、地域貢献活動の一環として、県内の小・中学生を対象にした作文コンクールを開催しています。52回目を迎えた平成28年度は約10万2,000点の応募があり、身近な出来事や最近の社会現象から時事問題までをテーマにした数々の作品に出会うことができました。
 平成29年2月18日(土)、福岡市中央区の福岡ガーデンパレスで行われた表彰式には、最優秀賞(個人賞・学校賞)受賞者など180名が参加。ステージ上で表彰状を受け取る児童・生徒の晴れやかな姿がとても印象的でした。また、当日参加された保護者や教職員の皆さんからも大変ご好評をいただきました。
 受賞結果は、平成29年2月18日(土)付の「西日本新聞」「日本農業新聞」に掲載されました。また、JA共済連福岡のホームページにも掲載しています。
 作文は、ものの見方や考え方を深めたりするとともに、ことばを磨いて心を豊かにすることに最も適しています。JA共済連福岡では、子どもたちの個性あふれる心豊かな成長を願って、これからもこの活動を続けていきたいと考えています。

注)最優秀受賞作品(6賞×9学年)の掲載は、JA共済連福岡のホームページもしくは作文集のみです。作文集は応募校と最優秀賞受賞者と各市町村の教育事務所・教育委員会のみに配布して、一般には配布していません。

平成28年12月~平成29年2月