JA共済連愛媛では、愛媛県交通安全協会に、地域の交通事故防止・軽減に役立てていただくため、「反射キーホルダー」と「靴用反射テープ」を、合計32,000個贈呈しました。9月11日(月)にJA愛媛で贈呈式を行い、終了後に松山市駅前において反射材の街頭配布を行い、交通安全を呼びかけました。
 JA共済連愛媛では、地方公共団体等に対する交通事故対策事業として、交通安全に役立つ機器や施設を贈呈するなどの活動を昭和48年から行っています。近年は夜間の交通事故多発を受け、一人でも多くの方に反射材を身に付けていただくことで、交通事故を減らしたいと考え、取組みを行っています。
 「反射キーホルダー」と「靴用反射テープ」は秋の交通安全運動(9月21日〜30日)期間中に行われる交通安全イベントなどでも配付され、地域住民の方々に交通安全の大切さを喚起するきっかけとしています。JA共済連愛媛では、今後もこのような活動を通じて、地域住民の方々に愛されるJA共済と、安心して暮らせる地域社会づくりを目指します。

平成29年9月