JA共済連山形は「JA共済カップ第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会山形県代表決定戦」に特別協賛しました。本大会は「春の高校バレー」として行われる全日本バレーボール高校選手権大会の出場権をかけた大会です。

 第71回となる2018年度大会は1020日(土)~21日(日)に山形市総合スポーツセンター(山形市)で開催され、各地区の予選を勝ち上がってきた男子8校、女子8校が出場しました。試合会場では、観客からの熱い声援が飛び交う中、選手たちの気迫に満ち溢れた試合が繰り広げられました。熱戦に次ぐ熱戦の結果、男子は「山形県立山形中央高等学校(山形市)」が4年連続18度目、女子は「米沢中央高等学校(米沢市)」が3年連続9度目の優勝を飾り、全国大会出場を決めました。

 2020年東京オリンピック・パラリンピックでは、若い力に期待が高まっています。選手の皆さまが大きな夢をもち、世界の舞台で活躍する日が来ることを期待し、JA共済連山形では、今後もスポーツなどへの協賛を通じて若い世代の成長を見守っていきます。

201810