福井県地域貢献活動のご紹介

夏場の輸血用血液不足の解消のために団体献血活動を実施

献血の様子

献血車

献血の様子

献血の様子

 夏は輸血用血液が不足しがちです。暑さで疲労する人が多いこと、休暇で外出する人が多いことなどが原因です。JA共済連福井では、そのような状況を少しでも改善するため平成20年夏に団体献血活動を開始し、その後は毎年実施して今年で10年目となりました。この活動は、人の生死にかかわる共済事業の観点から、少しでもお役にたてるようにという願いを込めた地域貢献活動です。今年は8月25日(木)に、JA五連(JA福井県中央会・JAバンク福井県信連・JA福井県経済連・JA福井県厚生連・JA共済連福井)役職員の協力のもと、JA福井県農業会館で実施しました。
 今年は、JA共済連福井の全職員がJAグループで展開中の「ふくい朝ごはんキャンペーン」のポロシャツを着用し、この趣旨に賛同したJA五連役職員や関係団体の方々だけでなく、JA福井県農業会館前の看板を見た方や広報誌等で献血活動を知った一般の方々の協力も得た結果、62人が献血を行って不足する血液の確保に役立つことができました。
 JA共済連福井ではこの活動を20年続けることを次の目標に、今後も活動を継続していきたいと思います。

平成29年8月

JAの役職員が献血活動に協力

献血の様子

献血の様子

献血の様子

献血車両

献血会場

 輸血用血液は長期保存できないため、常に新鮮な血液が必要になります。しかし夏場は、夏休みの行楽や帰省で外出する人が多くなることや、暑さで献血を敬遠する人が増えることなどから、輸血用血液が不足する傾向にあります。
 JA共済連福井ではそうした事実を知り、相互扶助を大切にする共済事業の理念から、平成20年より集団献血を行っています。この活動にはJA福井県中央会、JAバンク福井県信連、JA福井県経済連、JA福井県厚生連の役職員にも協力をいただいています。
 9年目となった平成28年は8月22日に県農業会館で実施しました。JA共済連福井職員や関係団体の方々以外にも、農業会館前の看板を見て賛同してくれた方や、広報誌等で献血活動を知った一般の方々にも協力をいただくことができました。結果64名が献血を行い、夏場の輸血用血液不足の解消に貢献することができました。JA共済連福井では、輸血を必要とする多くの患者さんのために、これからも「命のおすそ分け」の気持ちで献血活動を実施していきたいと思います。

平成28年8月