青森県地域貢献活動のご紹介

交通事故未然防止のために交通安全危険予測シミュレーター(歩行編)を寄贈

寄贈式の様子

寄贈式の様子

シミュレーターを実際に体験する様子

 JA共済連青森は、平成29年9月1日(金)、交通事故未然防止活動の一環として、青森県警察本部に「交通安全危険予測シミュレーター(歩行者編)」3台を寄贈しました。この活動は昨今の歩行中の死亡事故のうち、半数以上が高齢者の横断中の事故であることから、特に高齢者の交通安全意識を高めてもらうために行われたものです。県警察本部で行われた寄贈式では、JA共済連青森・小山主税本部長から県警察本部上田修交通部長に目録などが手渡されました。式典終了後にはシミュレーターの実演が行われ、交通安全シルバー先生や交通安全母の会のメンバーらが、車の陰から出現する自転車やバイクなど、歩行中に起こりうる事故の危険を疑似体験しました。このシミュレーターはバーチャル空間の市街地の中を歩くことで、危険予測の能力を高めることを目的に開発されたものです。足踏みや腕振りをして歩行することで、手を上げると画面の中の自動車が反応して停止するといったさまざまな機能を備えています。
 シミュレーターは県内3か所の警察署に設置され、地域の交通安全教室などにおいて、高齢者のみならず子どもから大人まで多くの方々に体験いただきたいと思います。JA共済連青森は、これからも高齢者と子どもに優しい、交通事故のない地域社会づくりに貢献してまいります。

平成29年9月

青森県内の小学生に「文化支援活動クリアファイル」63,000枚を寄贈

県教育委員会で行われた寄贈式でクリアファイルを手渡すJA共済連青森の小山主税本部長

県教育委員会で行われた寄贈式でクリアファイルを手渡すJA共済連青森の小山主税本部長

 JA共済連青森では、「文化支援活動クリアファイル」63,000枚を県教育委員会に寄贈しました。これはJA共済連青森が文化支援活動の一環として実施している取組みで、昨年は小学校1年生から3年生までが対象でしたが、今年は特別支援学校も含めた全学年を対象に配付することとしました。
 このクリアファイルには、JA共済が主催する青森県小・中学生「書道・交通安全ポスターコンクール」において、平成28年度最優秀賞を受賞した18作品がプリントされおり、県内小学生の書写教育に貢献すると同時に、図画工作・美術教育の活性化を通じて交通安全の大切さが子どもたちの心に定着し、社会全体にも幅広く訴求されることを願っています。
 JA共済連青森は、郷土の歴史と伝統を大切に、これからも地域に根ざした文化支援活動を続けてまいります。

平成29年7月

青森県交通安全協会に反射ベスト1000枚を寄贈

寄贈式の様子

寄贈式の様子

寄贈式の様子

寄贈式の様子

寄贈式の様子

 JA共済連青森は、交通事故未然防止活動の一環として青森県交通安全協会に反射ベスト1000枚を寄贈しました。平成29年4月25日(火)に青森県農協会館にて行われた寄贈式では、JA共済連青森の小山主税本部長から青森県交通安全協会の栁谷章⼆会⻑にベストの見本が手渡され、式に出席した青森市の交通指導隊員の成田勝美さんと脇坂常男さんがベストを着用しました。
 ベストは同協会を通じて、県内各地区で活動する約1,000人の青森県交通指導隊員に配付されます。
 青森県交通指導隊は青森県交通安全協会の事業の一つとして昭和42年8月に創設され、JA共済連青森ではこれまでも交通安全のぼり旗などを贈ってきましたが、創設50周年の節目の年にあたる今年度は、交通指導隊員の安全や、より一層の活動の充実を願って、反射ベストを寄贈することに決定しました。
 JA共済連⻘森は、これからもこうした地域に根ざした交通事故未然防⽌活動に取り組んでいきます。

平成29年4月