交通事故のない社会を目指して。
幅広い対象者に向けた交通事故対策活動や交通事故による被害者の支援など、さまざまな活動に取り組んでいます。

幼児向け

交通安全教室 歌とダンスで交通ルールを楽しく学ぶ 幼児向け

就学前の幼稚園・保育園児と保護者を対象とした、ミュージカル形式の交通安全教室を全国各地で実施しています。舞台上の横断歩道で園児が実際に体験できるなど、客席の園児、保護者の皆さんと舞台がひとつになって、楽しみながら交通ルールを学べます。

  • ●後援:内閣府/警察庁/国土交通省
  • ●推薦:一般財団法人 全日本交通安全協会

交通安全教室 歌とダンスで交通ルールを楽しく学ぶ 幼児向け

  • 親と子の交通安全ミュージカル「魔法園児マモルワタル」

出演者の声はこちら  ▶ 活動の様子は映像でご覧いただけます

JA共済アンパンマン交通安全キャラバン アンパンマンと一緒に親子で交通ルールを学ぶ 幼児向け

小さなお子さまに絶大な人気を誇るJA共済のイメージキャラクター「それいけ!アンパンマン」。
荷台部分がステージになるキャラバンカーで行うステージショーでは交通安全を呼びかけ、親子で交通安全について考える時間を提供しています。

  • ●監修:一般財団法人
    日本交通安全教育普及協会

JA共済アンパンマン交通キャラバン アンパンマンと一緒に親子で交通ルールを学ぶ 幼児向け

活動の様子は映像でご覧いただけます

生徒向け

自転車交通安全教室 スタントマンによる交通事故再現 生徒向け

中学校や高等学校で交通安全教室を開催し、スタントマンが危険な自転車走行に伴う交通事故の再現を行っています。生徒に交通事故の危険性を疑似体験させる教育事業(スケアード・ストレイト教育技法)を通じて、安全な自転車の利用を伝えています。また、この自転車交通安全教室の映像は下記リンク先から視聴いただけます。

自転車交通安全教室 スタントマンによる交通事故再現 生徒向け

  • 映像で学ぶ! 自転車交通安全教室

講師の声はこちら  ▶ 活動の様子は映像でご覧いただけます

交通安全教育支援 事故を防ぐための交通ルールを楽しく学ぶ 児童・生徒向け

子どもたちの交通事故を防ぐためには、交通ルールの大切さを理解し、交通安全に対する意識を高める取組みが欠かせません。そこでJA共済では、全国の小・中・高等学校に小学生向け、中学生・高校生向けの「交通安全教育DVD」を無償配布しました。映像は下記からも視聴・ダウンロードできます。

交通安全教育支援 事故を防ぐための交通ルールを楽しく学ぶ 児童・生徒向け

  • 小学生向け 親子で学ぶ交通ルール
  • 中高生向け 自転車交通安全教育ムービー

高齢者向け

交通安全教室 交通安全落語を取り入れた楽しい交通安全教室 高齢者向け

高齢者の交通事故をなくすために、高齢者向け交通安全教室を開催しています。JA共済オリジナルの「交通安全落語」で笑いながら交通安全の意識を高め、JA共済オリジナル健康体操「レインボー体操」で身体機能の低下を予防。誰でも楽しく参加できる内容になっています。

交通安全教室 交通安全落語を取り入れた楽しい交通安全教室 高齢者向け

  • 交通安全落語
  • 春雨や雷蔵さん
  • 笑福亭瓶太さん
  • 三遊亭遊馬さん
  • 五明樓玉の輔さん
  • 桂こけ枝さん
  • 桂千朝さん
  • 林家久蔵さん

(平成27年4月現在)

出演者の声はこちら  ▶ 活動の様子は映像でご覧いただけます

安全運転診断 「きずな号」で安全運転をチェック 高齢者向け

高齢ドライバーの交通事故を防ぐために、JA共済では、ドライビングシミュレーター搭載車両「きずな号」を全国7か所に配置し、巡回型の安全運転診断を行っています。過去の事例を参考に、事故を起こしやすい場面を再現したドライビングシミュレーターを使い、約5分間の講習で運転診断と安全運転のアドバイスが受けられる内容となっています。

安全運転診断 「きずな号」で安全運転をチェック 高齢者向け

活動の様子は映像でご覧いただけます

映像を用いた交通安全啓発 高齢者の交通事故防止のポイントを分かりやすく解説 高齢者向け

交通事故による死者数の半数以上を高齢者が占めています。そこでJA共済では、高齢者の交通事故防止を目的として「きずな町物語」の映像を制作し、視聴・ダウンロードできるようにしています。
映像はドラマ仕立てで、分かりやすく交通安全のポイントを学ぶことができます。

映像を用いた交通安全啓発 高齢者の交通事故防止のポイントを分かりやすく解説 高齢者向け

  • 高齢者の安全安心 きずな町物語

介助犬の育成・普及支援活動

介助犬の育成・普及支援 障がい者の自立の助けとなる介助犬を支援

介助犬とは、交通事故などにより手足に障がいのある方の日常生活をお手伝いする犬のことです。JA共済では、介助犬の育成・普及支援に取組み、介助犬の受入れに対する理解を促進するため、介助犬によるデモンストレーションやJA共済が企画・制作した介助犬の絵本の読み聞かせによる活動を通じ、障がい者の方の自立と社会復帰を支援しています。

介助犬の育成・普及支援 障がい者の自立の助けとなる介助犬を支援

  • 社会福祉法人日本介助犬協会
  • 特定非営利活動法人日本補助犬情報センター

絵本「ハナちゃんの帽子」「世界でいちばん幸せな犬」

絵本
「ハナちゃんの帽子」
「世界でいちばん幸せな犬」

介助犬訓練士・利用者の声はこちら
活動の様子は映像でご覧いただけます

リハビリテーション

リハビリテーション 交通事故被害者の社会復帰のお手伝い

静岡県の中伊豆と大分県の別府に交通事故等による身体障がい者の社会復帰支援を目的としたリハビリテーションセンターを開設しています。これら2つのリハビリテーションセンターは、「病院」「福祉施設」「介護施設」の3つの機能を持った全国でも数少ない総合型の施設です。昭和48年の設立以来、「身体障がい者のしあわせ」と「福祉社会の建設に寄与すること」を理念として交通事故被害者などの社会復帰をお手伝いしています。

リハビリテーション 交通事故被害者の社会復帰のお手伝い

  • 社会福祉法人農協共済 中伊豆リハビリテーションセンター
  • 社会福祉法人農協共済 別府リハビリテーションセンター

その他の活動

各種団体への支援等 交通安全に関連するさまざまな活動を支援

JA関連医療機関の救急医療およびリハビリ医療の充実を図ることにより、交通事故被害者の救命や交通事故障がい者の社会復帰の支援を行っています。このほか交通事故の対策としてカーブミラーの設置、救急車の寄贈など、さまざまな支援活動を実施しています。
また、ドクターヘリの普及促進支援も実施しています。東日本大震災では、全国から集結したドクターヘリが、孤立した病院の患者の救出など、被災者救援に貢献しました。

各種団体への支援等 交通安全に関連するさまざまな活動を支援

交通事故医療研究助成 交通事故医療に関する研究助成を実施

JA共済では、医師等の臨床研究を助成することで、交通事故医療の進歩発展を促進し、被害者の早期社会復帰に寄与するため、「交通事故医療研究助成」を行っています。

「平成28年度 JA共済 交通事故医療研究助成募集のご案内」にもとづき、申請いただきました研究テーマについて審査した結果、平成28年度の「交通事故医療研究助成」の研究テーマと代表研究者は、「平成28年度 JA共済 交通事故医療研究助成対象の決定」のとおりとなりました。
「平成28年度 JA共済 交通事故医療研究助成」については、多数のご応募をいただき、ありがとうございました。

自賠責共済運用益拠出事業

平成27年度自賠責共済運用益拠出事業
自賠責共済の運用益を活用して交通安全の取り組みを実施

JA共済の交通安全の取組みの一部は、自動車損害賠償責任共済の運用益を活用して実施しています。平成27年度は、総額15億5,333万円の対策を実施することが決定しました。

平成27年度自賠責共済運用益拠出事業(総額15億5,333万円)の内訳

自賠責運用益拠出事業は、学識経験者や有識者委員等で構成される「自賠責共済運用益等使途選定委員会」において審議され、「自動車損害賠償責任保険審議会(金融庁)」に報告しています。

自動車事故防止対策 797,700千円
救急医療体制の整備 465,500千円
自動車事故被害者対策 205,135千円
後遺障害認定対策 25,000千円
医療費支払適正化対策 60,000千円

「自賠責運用益使途選定委員会議事概要」(PDFファイル)

「自賠責運用益使途選定委員会名簿」(PDFファイル)